映画「あやしい彼女」フル動画を無料視聴【配信VODまとめ】

6 min

映画「あやしい彼女」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


あやしい写真館で写真を撮った途端、73歳が20歳に!

倍賞美津子が73歳の時の主人公、多部未華子が20歳の時の主人公を演じます。倍賞美津子の振り切れた演技、多部未華子の生き生きした表情が見どころ。

時々ほろりとさせられる明るく楽しいコメディ。


今すぐ視聴するならTSUTAYA TVがオススメ。

ツタヤが提供する動画サービスで、30日間の無料トライアルが適用されるため、期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用は発生しません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「あやしい彼女」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu 見放題
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「あやしい彼女」を配信しているサービスは以下のとおりです。


・TSUTAYA TV
・Hulu
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp


ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。

どちらも無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


それ以外のVOD配信なら、無料トライアル中に「あやしい彼女」を視聴可能。

なかでもオススメなのはTSUTAYA TVで、見放題作品(無料期間でも視聴できる作品数)が非常に多く、登録時に有料動画視聴ポイントもタダでもらえるので、新作や人気作なども2~3本視聴可能。

さらに無料トライアル期間も30日間と長めですし、ぜひTSUTAYA TVに登録して今すぐ「あやしい彼女」を視聴してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「あやしい彼女(邦題)」「ayashii kanojyo(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「あやしい彼女」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
 

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。
 
 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「あやしい彼女」のあらすじ


瀬山カツ(倍賞美津子)は73歳。

元気いっぱいで、近所でも有名な毒舌家。毒が強すぎて娘の幸恵(小林聡美)とはよくケンカをしています。でも孫の翼(北村匠海)には甘いおばあちゃん。

カツは銭湯でパートをしています。その銭湯の主人、次郎(志賀廣太郎)は幼なじみ。遠慮なく毒舌をぽんぽんと吐くカツに次郎は翻弄されっぱなし。昔からカツには弱いのです。


ある日、カツは娘とまたケンカに。

「あんたがいたから私は人生で何も好きなことが出来なかった」

女手ひとつで娘を育ててきたいつものカツのグチですが、今の幸恵にはきつすぎました。幸恵は幸恵で仕事上の挫折があり、苦しんでいる最中だったからです。

大ゲンカになり、カツは家を飛び出します。


しかし行くあてもありません。近所をさまよううち、ふだん気づかなかったショーウィンドウに引きつけられます。そこは写真館でした。大好きなオードリー・ヘップバーンの写真に誘い込まれるように中へ。

写真館の店主(温水洋一)は「お姫さまにしてあげましょう」とあやしく微笑みます。若い頃は写真どころではなく、成人式も結婚式も写真一枚ないカツにとっては初めての経験。その気になって化粧を直し、写真を撮ってもらいます。

写真館を出た直後ひったくりにあいますが、そこは天下無敵の彼女。バッグを取り返し相手を撃退します。が、その時鏡を見ると、なんと!カツは20歳の頃(多部未華子)に戻っていました!


一晩明けても帰ってこない母を心配して幸恵は次郎を訪ねます。次郎も心配しますが、手がかりはなし。カツからは「しばらく帰らない」というメールだけが届いています。

心配されている当のカツは、憧れのオードリー・ヘップバーンの髪型にして浮かれていました。洋服もいつものヒョウ柄から「ローマの休日」風の白いブラウスと青いスカートに替えて。カツにとってこの変身はまさに「ローマの休日」だったのです。


なんでもやりたいことをしよう!

解放感にひたったカツでしたが、やりたいことが思いつきません。ついいつものように次郎の銭湯に足が向いてしまいます。

しかし次郎はカツにまったく気づきませんでした。カツは自分の素性を隠したまま、作り事をでっちあげ、次郎の居候になることにします。


商店街のお祭りの日。恒例ののど自慢大会が開かれています。毎年参加していたカツは出たくてうずうず。ついに我慢できずに舞台に立つカツ。

その歌は美しく、のびやかなものでした。道行く人は足を止めます。そのなかには音楽プロデューサーの小林(要潤)もいました。

小林はカツの歌声に感動し、話をしようと追いかけますが、孫の翼が自分に近づいてくるのを見たカツは走って逃げてしまいます。見失い、立ち尽くす小林。


カツは結局翼につかまり、妙なお願いごとをされます。

彼のバンドでボーカルをやってくれないかと。孫のためならと心が動いたカツはバンドを見に行ってみることにしました。しかしそのバンドは大音量で演奏するだけの、カツにとってはうるさいものでした。

「心がないんだよ、心が!」


一方、銭湯の次郎は居候の女の子が「あやしい」と気づいていました。

留守の間にこっそり部屋に忍びこみ、そこで1本の口紅を見つけます。――これは!その口紅は数十年前、次郎がカツにあげたものだったのです。


カツを問いただす次郎。

しかし惚れた弱みで数十年、弟分のように従ってきた次郎はカツの敵ではありません。協力することを約束させられ、娘・幸恵への手紙を託されます。

手紙を読んだ幸恵は心配しつつも落ち着いて母を待とうと心を決めます。


その様子をのぞき見していたカツは、幸恵に見つかってしまいます。

しかし幸恵にとって今の姿のカツは見知らぬ他人。見知らぬ人に幸恵は母への思い、仕事上の悩みを語れます。カツに「母親のように」励まされ、幸恵は少しだけ元気を取り戻します。


カツの意見でバンドは方向性を懐メロに変え、次第に人気が出てきました。ネット動画でたまたまそのバンド「怪しい彼女」を見た小林は、のど自慢のあの「彼女」だと気づきます。

敏腕プロデューサーである彼は「怪しい彼女」を音楽番組に出演させます。懐メロが流行った当時を思い出したカツは泣きながら歌い、思いがこもった歌は人々の心をとらえるのでした。


小林とカツは少しずつ距離が縮まっていきます。

恋だろうか。こんな風にドキドキするなんて、旦那が死んで以来だ……。

小林は、自分よりもずっと若いのにもかかわらず母のような包容力のあるカツに惹かれていました。バンドのメンバーと一緒にバーベキューをしたり、小林の部屋でワインを飲んだり……


しかしそのバーベキューの時、カツは小さな怪我をしました。そしてあることを発見します。血を流すとその部分が元の年齢に戻ってしまうのです。

小林はバンドの次のステップとしてロックフェスティバルを考えていました。しかし出場するには今までのようにカバー曲を歌うのではなく、オリジナルソングが必要です。

孫の翼は作曲しようとがんばりますが、経験もなく曲が作れません。「作曲を外注するか?」小林は解決策を提示します。一旦は受け入れる翼でしたが、カツに喝を入れられ、自分で最後までがんばることにします。

 

「あやしい彼女」のネタバレ


フェス当日。翼がなかなか現れません。

実は翼は途中で交通事故に遭ってしまっていたのです。

重傷を負いながらもなんとか会場までたどり着いた翼は「予定通りステージに立って欲しい」と他のメンバーに懇願します。それを受けステージに立った「怪しい彼女」は、フェスを立派に成功させるのでした。


カツはステージがおわるやいなや、病院に駆けつけます。輸血の血が足りない、と聞かされたカツは自分の血を全部抜いてくれといいます。しかしそうするとカツは元の姿に戻ってしまうのです。

次郎も、カツに気づいていた幸恵も、血はなんとかするから今のままの姿で青春を楽しんで欲しいといいます。

あの頃苦労に苦労を重ねて楽しめなかった分、今……。しかしカツは笑って、もう一度生まれ変わってもあんたの母親がいいよと幸恵に告げるのでした。


それからしばらくして――。翼はすっかり元気になりました。

血をくれたおばあちゃんのおかげです。「怪しい彼女」はボーカルが変わりましたが、人気はそのままでライブは大盛況。カツも幸恵も会場で翼を見守ります。

カツの視界にプロデューサーの小林が映ります。でも、もちろん小林はカツには気づきません。単に翼の祖母という存在でしかないのです。カツは誰にも見えないように持った、小林からもらった髪飾りを握りしめます。


商店街へ向かうカツの目の前に、バイクに乗った青年が颯爽と現れました。

ちょっとかっこつけて「乗りな」といったその顔を見ると……なんと次郎!彼もあの写真館で写真を撮ってもらい若返ったようです。2人は楽しそうに笑いながらバイクで走り出すのでした。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です